・ライフカードとの過払い交渉 お金を稼ぐ人
アクセスランキング

お金を稼ぐ人

借金総額230万円(年利29.2%)6年間の借金生活→過払い請求→お金を稼ぐ方法を紹介。 あくまで素人見解ですので、ご参考までに☆
トップ → ・ライフカードとの過払い交渉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフカードとの過払い交渉

先日、ライフに「ライフマスターカード」の取引履歴の
開示請求をしました。

なんかおかしいなと思いよく見てみると、
送られてきたのは、なんと。。。

「過払い計算書」

でした。
なんとも気が利いてます。

金額が91,000円でしたので。
法定利息つけて10万超えます。

これが最後の請求になります。

得してるような気になりますが、実際のところ
この金額の倍近い利息を払ってはいますので、
なんともいえない部分はありますね。

でも、電話するだけで10万円のバイトなんか無いですから、
弁護士や司法書士に依頼するより、
自分で請求したほうが断然いいですよ。




さぁ皆さんも頑張ってください。


【PR】

年間利息27%を経験し、借金地獄の底を見た現役女社長が、借金300万円利息27%の借金地獄をたった3ヶ月で貯金700万円にしてしまった!魔法の借金返済極秘テクニックを・・・
スポンサーサイト

ライフカード その2 (過払い請求書 ひな形付)

昨日ライフの管理センターに電話しました。

take「91,000円の過払いと計算表にありますが、これに5%の利息を付けると94,000円程になりますよね?」

と言うと以外にも

ライフ「そうですね。5%までは最高裁で判例が出てますからね。全然問題ないですよ。」

だそうです。

いやぁ、なんとも感心しました。
ライフはとても良い会社だと思ってしまいました。

どこの業者でも何とかして減らそう減らそうという姑息な手段を使ってくるのでライフもなんか言ってくるものと思ってました。

そんな中、ライフにいたっては問題なく払いますと。

なんという事でしょう。。WW

こんな会社があることに希望が持てました。


ライフ「過払いの交渉は別の部署が担当しておりますので、こちら宛に過払い請求書を送って下さい。後日にお返事差し上げますので。」

take「分かりました。和解書は同梱したほうがいいですか?」

ライフ「いえ。電話での確認後こちらで用意しますので結構ですよ。」



なんか、色々ありがとうございます。
という感じ。

で、今日請求書を配達記録(210円+80円切手代)で送りました。
郵政事業の改変か、郵送物の表紙と裏面の写真が控えとしてもらいました。

しっかりしてるんじゃない?郵便事業!!

ちなみに決まった書式は無いとの事でしたので、以下のように作りました。




              過払い金返還請求(通知)書
(宛先)
株式会社 ライフ様
〒 525-8531
住所 滋賀県草津市西大路町1番1号

(差出人) 
契約番号
oooo-oooo-oooo-oooo
氏名 take 印
〒 000-0000
住所 oooooooooooooooo

私は、貴社より送付いただいた別表計算書の過払い金 oooooo円、に対する法定利息の計算を民法404条に基づいて行った結果、
金 oooo円
の利息が発生している事が判明しましたので(10月9日現在)、合計で下記のとおり請求します。
請求額合計   oooooo円

つきましては、上記金額を下記の口座までお支払いください。万一お支払いなき場合は、民事訴訟にて請求致します。

oooo銀行  oooooo
口座番号 普通 ooooooo
口座名義 takehero
振り仮名 oooooooo

なお、民事訴訟において請求することとなった場合は、上記過払い金額に加え、遅延利息、訴訟費用なども含めて請求させていただくことを念のため申し添えておきます

平成19年10月9日





こんな感じ。

返事の日にちを決めとけば良かったかなとも思ってます。
まぁ良い対応だし、2週間は待ってみようと思います。

後は返事が来るのを待つだけですね。
後からになってごねてこないことを祈っています。

さぁ皆さんも頑張って下さい。



【PR】

お金を返すことは当たり前のことですが、借金を返すための借金は、決して問題解決にはなりません。

そのような状況を打破し、安心、平穏な生活を送りませんか。

一人で悩んでいないで“債務110番”が解決の一歩を・・・続きを読む

ライフカード その3

先日ライフカードから電話ありました。

ライフ「お問い合わせ頂きました過払いの件ですが、計算結果のお電話を差し上げました。」

take「そうですか、それでいくらで和解されますか?」

ライフ「お客様が提示された金額の5%の利息なんですが、もしよろしければ、半額の2.5%でおねがいできませんか?」

前回5%は最高裁判例が出てますのでと言ってくれていたので・・・
→こちら

take「そうですかぁ、まぁ仕方ないですね。了解します。」

ライフ「ありがとうございます。」


という流れで話はこじれることなく終わりました。

ライフカードは対応がいいです。

まぁ、争点も無く消費者金融でもないカード会社だからなのかもしれませんが、また借りてあげようかと思ってしまうぐらいでした。

11月の9日に振り込んでくれるそうです。

最初は大した金額じゃないし、やめておこうと思ったんですが、武富士の裁判が思った通りに行きそうにも無いので、慌てて請求しました。

10万ほどですが、ちょっと得した気分です。

後は武富士の裁判で過払い請求は終わります。

今回の件で民法、商法。など色々な法律について勉強することができました。

過払いだけの知識を入れるつもりでしたが、なにせ武富士の件は判例にもでてないし、決まった書式もあるはずも無く幅広く情報を集めざるを得ないことになったおかげで身近なところにも法律って関係あるんだなと思いました。

タイトルを変更して、(仮)「身近な法律トラブル」

みたいな感じで書いてみようと思います。

ではでは。また書いていきますのでどうぞよろしくお願いします。


↑ランキングに参加しました。応援よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。