・貸金業法改正で困る多重債務者達 お金を稼ぐ人
アクセスランキング

お金を稼ぐ人

借金総額230万円(年利29.2%)6年間の借金生活→過払い請求→お金を稼ぐ方法を紹介。 あくまで素人見解ですので、ご参考までに☆
トップ → ・貸金業法改正で困る多重債務者達

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多重債務者が困る貸金業法改正。

→貸金業法改正案(金融庁PDF版)

この改正案の中で「総量規制の導入」という項目があります。

指定信用情報機関制度を創設して、信用情報機関において借入総額を把握し、過剰貸付けを禁止する仕組みを導入する。また、年収の3分の1を超える貸付けを原則禁止するなど、債務者の返済能力を超える貸付けを禁止し厳格な総量規制を導入するらしいのです。

ここが債務者のポイントです。
2009年に予定されていた貸金業法の改正が昨今の社会情勢にのって予定より早く施行されるらしいのです。

これによりどうなるか債務者視点で考えてみると、
(銀行・消費者金融・クレジット系)
1.融資のストップ
2.クレジットカードの使用停止
3.新規借り入れ不能
審議の途中ですがもし適用されるとこんな感じになると思います。

んー。
大変なことです。

銀行も貸してくれない、消費者金融も貸してくれない。
となると、貸してくれるところは闇金しかなくなりますね。

この法律はこれからの多重債務者を無くすための法律で、
今現在の多重債務者を助ける法律ではなさそうです。



法律というのは時に助けてくれるけど、時に困ってる人を締め出したりすることもあります。



はっきり言いますと、今、多重債務の状態に陥っている人は時間がないです。

今すぐにでも過払い請求減額請求、低利での一本化、債務整理、あるいは個人再生の手続きをとる必要があります。

過払い請求は簡単です。左のバーの過払い関係の記事で分かりやすく書いてます。
明日にでも行動に移せます。

債務整理等の手続きは案外簡単に済んでしまうので自分でやるもよし。
書士、弁護士等に相談するもよし。法テラス等に相談するもよし、全国地方自治体に相談するもよし。
とりあえずの行動を進めます。

そして一番有効で一番難しいのが借金の一本化です。
5社までなら審査に通る所はありますがそれ以上なら難しいらしいんですよね。
でもあきらめちゃ前には進みませんので大手、低金利、おまとめローン系の金融機関をあげてみます。 審査をするのはあなたじゃなくて金融機関ですのでせめて審査だけでもしてみてください。

スルガ銀行
ジャパンネット銀行
オリックス信託銀行
DCキャッシュワン
東京スターバンク
三菱東京UFJ銀行 バンクイック
三井住友銀行

→事業者ローンの比較No1サイト!






↑ランキングに参加しました。けど、いまいちみたいです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。