・借金の総額を調べる方法 お金を稼ぐ人
アクセスランキング

お金を稼ぐ人

借金総額230万円(年利29.2%)6年間の借金生活→過払い請求→お金を稼ぐ方法を紹介。 あくまで素人見解ですので、ご参考までに☆
トップ → ・借金の総額を調べる方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金の総額を調べる方法

多重債務に陥っている人が色々な行動に出る前にまず一番最初にしなくてはいけない事は、

現在の残債務の把握です。

これをしていないと自己破産するときも債務整理するときも過払い請求するときも漏れが出てきますので、結果整理していないところから自己破産後も普通に取立てが来てしまいます。


全て把握できているに越したことは無いんですが、それすらも出来ていない方がいますね。
そんな人に聞いても

「知らない」
「分からない」
「・・・・・・・・。」
(答えない。)

です。
もう分かってます。


借金の種類を分けると大きく4つに分けることができ、その4つにそれぞれの信用情報機関が設けられています。


全国信用情報センター連合会(消費者金融系)
http://www.fcbj.jp/howto/map/index.html

株式会社CIC(信販系)
http://www.cic.co.jp/rkaiji/ki01_kaiji.html

全国銀行個人信用情報センター(銀行系)
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

株式会社CCB (クレジット系)
http://www.ccbinc.co.jp/service/infodisclosure/index.html

株式会社テラネット(クレジット系)
http://www.teranet-corp.co.jp/info/index.html

これらの信用情報機関全てに債務者本人が直接連絡を取り、登録してある情報の開示請求をしてください。

その時は普通に、
「借金の返済の為の詳細が欲しいので」
と、言って構いません。

ただ、これはあくまでも債務者本人が開示請求をすることが前提です。
本人以外だと個人情報保護法に引っかかるので、開示はされませんので注意してくださいね。

ですから、まずは本人の意識改革が必要になってきますから、下記カテゴリを参考にして説得してください。あなたの為でもあるし、何より本人の為ですから。愛のムチだと思って出来ることはやってあげてください。
→請求するべき人へ。。。

ただし、代理人としての必要書類をそろえることが出来るなら何とかなるかも知れません。
詳しくは上記のサイトを見てみてください。


それでは、みなさまの無借金生活を心よりお祈りしております。





↑ランキングに参加しました。応援よろしくおねがいします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。