・不当利得の訴状、借用書テンプレ お金を稼ぐ人
アクセスランキング

お金を稼ぐ人

借金総額230万円(年利29.2%)6年間の借金生活→過払い請求→お金を稼ぐ方法を紹介。 あくまで素人見解ですので、ご参考までに☆
トップ → ・不当利得の訴状、借用書テンプレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訴状ひな形(不当利得金返還請求事件)

【PR】■実録、借金地獄からの完全脱出マニュアル■苦しみを解決して人生を逆転させる自信のレポートです!特典、ど素人でも、ほったらかしで超稼げる方法他


訴    状

                           平成  年 月 日
熊本簡易裁判所 御中


〒                     
原告(申立人)  ①   
電話番号           
FAX            

〒                     
被 告              
上記代表者            
電話番号             

事件名 不当利得金返還請求事件

訴訟物の価額  金   ②  円
貼用印紙額         円


             請 求 の 趣 旨

1.被告は原告に対し、金  ③   円及び内金   ④   円に
  対する⑤平成 年 月 日から支払い済みまで年5%の割合による金員を
  支払え。
2.訴訟費用は被告の負担とする。
3.この判決は仮執行することができる。
との判決を求めます。


             請 求 の 原 因

1.被告の表示
被告は、全国に支店を持ち、原告のような消費者に対して小口の貸付を行う
○○財務局登録の貸金業者である。

2.原被告との取引
原告は、⑥平成 年 月 日被告から、甲第一号証(被告側からの取引履歴)の
とおり金銭を借入れ、⑦平成 年 月 日に至るまで、借入れ、弁済を繰り返してきた。
           
3.被告の不当利得
原告と被告との間の金銭消費貸借取引について定められた利率は利息制限法所定の上限利率を上回るものであり、利息制限法超過利息の弁済については、元本に充当されるべきである。
原告は利息制限法所定の金利により再計算(甲第二号証)を行ったところ、
⑧平成 年 月 日の弁済により元本は完済され、⑨平成 年 月 日時点で、
⑩金      円の過払金が生じた。
同過払金は債務が存在しないのに、原告はそれを全く知らず支払われた金員であり、被告は法律上の原因なくして同金員を受益したのであるから、被告の不当利得金である。

4 悪意の受益者
被告は貸金業者であるから、利息制限法による引き直し計算をすれば過払いになることを当然承知しており、原告から弁済を受ける際、これを知りながら原告からの弁済を受けてきたのであるから、悪意の受益者として其受けたる利益に利息を附して返還する義務を負う。なお、上記過払金に対して、その発生当日から年5%(民法704条)の割合による、
⑪平成 年 月 日時点での未払利息は、金  ⑫   円である。

5 よって、原告は被告に対し、不当利得返還請求権に基づき、金 ⑬    円及び
その過払金に対する年5%(民法704条)の割合による未払利息金   ⑭   円の合計である金  ⑮   円、並びに金  ⑯   円に対する⑰平成 年 月 日から支払い済みに至るまでの年5%の割合による利息の支払いを求める。


              証 拠 方 法

1.甲第一号証   取引履歴(被告作成)
2.甲第二号証   利息制限法による計算書(原告作成)


付属書類
1.訴状副本      ⑰ 通
2.甲号各証写     ⑱ 通
3.履歴事項全部証明書 ⑲ 通







※解説※

これは完済した後の請求です。
完済していない方はまた別の書式になります。


①訴訟を起こす人。本人。
②過払い金のみ。過払いの利息(5%)を含まない金額。
③過払い金+利息(5%)の合算金額。
④ ②と同じ。
⑤過払い利息を算出した日付。
⑥借り入れ開始日
⑦完済日
⑧過払い発生日(-、赤字が出たところ。)
⑨ ⑦と同じ
⑩ ②と同じ
⑪ ⑤と同じ
⑫過払い利息(5%)の金額
⑬ ②と同じ
⑭ ⑫と同じ
⑮ ③と同じ
⑯ ②と同じ

⑰⑱⑲は裁判所で枚数をもう一度確認した方がいいです。



        【PR】借金返済で行き詰まった時に使える5つの方法とその手順!!
スポンサーサイト

債務承認弁済契約書

えー。
この前公証役場なるところに行ってきました。

知人が知人にお金を貸しているということからトラブルに発展しそうです。

よく考えるといろんなことが起きてますね。自分の回りは。。。

なんだか複雑な心境ですが、このケースは

1、借用書なしにお金を貸している
2、25歳の娘が54歳のおばちゃんに貸している
3、複数回に分けて貸している。
4、不安になり借用書を作成しておこう
5、どうせなら債務名義も取っておこう

ということで公正証書を作成しに行きます。

事前に確認をしに行った所、
貸し方で書類内容が変わるということでしたので、
雛形(テンプレ)をもらってきました。
というか20円出して買ってきました。安っ!!

以下が書式です。


平成20年第OOOOO号

第1条 債務者 OOOO (以下「乙」という。)は、平成20年O月O日現在、債権者 OOOO (以下「甲」という。)に対し、乙が私署証書による下記3回の金銭消費貸借契約に基づき甲から借り受けた元金合計金OOOO円の未払債務を負担していることを承認し、以下の条項に従いこれを弁済することを約し、甲はこれを承諾した。
                               記
①平成O年O月O日 金      円
②平成O年O月O日 金      円
③平成O年O月O日 金      円




以上です。

簡単な文です。

これを別の金銭消費貸借契約書の第1条に持ってきて作成すればOKです。



こういう書類作成は債務者、債権者が一緒に行けば作成から代行してくれます。
1~2時間かかる場合もあるので正午を目安に行けばその日のうちに完成します。

※持っていくもの
1債務者・債権者の両方の印鑑
2債務者・債権者の両方の身分証明書
3証拠書類
(4債権者が同席しない場合委任状)

債務者が来れないからといって委任状を持っていっても受け付けてくれない場合が多いので債務者は同席必須です。債権者は委任状で大丈夫です。

この一連の作業で一番難しいのが債務者を公証役場に連れて行くことだと思います。

そこで方法を考えてみました。
・ニコニコして車に乗せる→説得→印鑑証明取得→公証役場へ直行。
やっぱこれでしょう!

他にも色々思い付いたんですが、年齢差があるので脅すよりも説得という項目を入れるということが
一番でしょうね。

後日このつづきをアップします。

それではごきげんよう☆



↑ランキングに参加しました。応援よろしくお願いいたします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。