武富士との和解交渉 お金を稼ぐ人
アクセスランキング

お金を稼ぐ人

借金総額230万円(年利29.2%)6年間の借金生活→過払い請求→お金を稼ぐ方法を紹介。 あくまで素人見解ですので、ご参考までに☆
トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ・武富士との過払い訴訟中継 → 武富士との和解交渉

武富士との和解交渉

昨日、武富士から電話がありました。

ざっくり話すと、これ以上訴訟を続けると色んな費用がかさむので、和解しませんか?

ずばり、いくらならOKですか?

的な内容でした。



もちろん訴訟額満額の17万円ですね!!

と答えました。


武富士は17万のところを15万でどうでしょうか?
と言ってきました。

take「分かりました。その金額でお願いします。」

という流れで入金額と入金日が決まりました。

---------------------


とまぁ、はたから見るとなんともだらしない結果です。

でも、今回の訴訟、色々ごちゃごちゃしてて結果オーライです。
→詳細はこちら


上の記事にもあるように、どこ探してもはっきりとした答えが出ず、
自分で用意してみた準備書面のみで戦わざるを得ない状況になってしまいました。
→用意した法令

はっきり言って自信ありませんでした。
なんとかなればいいなあ位のところでした。

でも、第3回口頭弁論期日の前日のTELで和解できました。
しかも、相殺することになってたかもしれない差額までほぼ勝ち取ることが出来、
訴訟額と2万位は差があるとしても、あってるのかあってないのか、間違った主張しても
おかしな奴だなこいつ。。。くらいにしか相手されないだろうなと思い続けてましたから。。。
そんな不安にさいなまれる事もなくなりそこはプラマイゼロでしょうよ。

今回の一件でとても勉強になりました。
やればやった分だけちゃんと返ってくると。
スジを通せば何とかなる。

そして、生きていく以上、消費者である以上、法律という
難しそうな物と関わっていることも。


弁護士さんも過払いの件は素人知識しかないのに法外な費用を請求した上、8割での和解を進めてくる方もたくさんいらっしゃるようです。

そんなことする必要は一切ありません。
満額+5%+その他費用=妥当だと。

当たり前の権利を行使しているわけですから。
多額の弁護費用を払ってまで妥協する必要なんて微塵もありません。

はっきり言って民事での訴訟なんてなんとでもなります。
拘束されるわけでもないし、拘留される事もないし、動けます。
ほんとの事を主張できるし、相談も出来ます。代理も立てれます。

さぁ、行動に移しましょう。





最近法律というものに興味が沸いてきました。

ここ1ヶ月で友人の離婚相談、彼女のアパート連帯保証解除、職場のリース契約の解約、もしくわ、契約見直し、などの法律相談をうけました。
生兵法ではあるものの、ほぼ解決させることが出来ましたので、
我ながら天晴れです。


やっぱり、最低限自分の身を守るための知識は入れといたほうがよいですね。
日本という国で暮らしていく以上、降りかかった火の粉くらい自分で払わなきゃね。

これからは困ってる人の手助けになればと思い、身近に起こりうるトラブルの法律の紹介をしていきます。

タイトルも変えましょうかね。


楽しくなってきた★


でも、あくまで素人知識ですから鵜呑みにするのは危険ですけどね(笑)

これからもよろしくお願いします。


↑ランキングに参加しました。応援よろしくお願いします。



スポンサーサイト
takeさんはじめまして。私も失業救済保険制度を利用してました。今過払いの提訴をする予定です。いろいろ調べていたのですが武富士が保険会社に払っていたのは我々の利息で得た利益であると解釈してもいいのでしょうか?またtake「そうですかぁ。」(←ここがダメだった。)何がだめだったのでしょうか?
やはり解決して良かったですね。私も早く解決したい。
2009/05/13(水) 22:39:41 | URL | tai #-[ 編集]
taiさん。初めまして。コメントありがとうございます。
見直してみましたが、わかりにくいですよね。すいません。
「そうですかぁ」の意味は、交渉する上で何よりも大事なのは、はっきり強く主張するという事だと思いますので、自信が無いという風に裁判官がとらえてもらうと困るなぁと思ったんです。

準備書面を提出していなかったからこんな風になったんだと思いますので、しっかり準備書面は提出されてください。この次の記事に私が出した準備書面を公開してますので参考にされてみてください。

>保険会社に払っていたのは我々の利息で得た利益であると解釈してもいいのでしょうか?

についてですが、そう解釈されてもよいと思います。
ちなみに私の場合は「第三者の弁済」で捉えていますので
あくまでも武富士が私に対して請求する権利は無い!という風な主張です。

この主張が通じたのかは分りませんが、後日訴外で和解させてくださいとの電話がかかってきました。

参考になりましたでしょうか?
もし、分らない事があればいつでも連絡ください。
出来る限りお教えいたしますので。
頑張ってくださいね☆
2009/05/14(木) 14:54:08 | URL | take #-[ 編集]
takeさんご返事ありがとうございます。準備書面拝見させていただきました。原告が救済金も含む過払い金を被告から取り返したら、そのうちの救済金についてはTSR CO.LTDが原告に対して返還請求出来ると解釈しました。現在TSR CO.LTDは無いようですね。返還請求はどうなるんでしょう。今は以前に比べて過払いの情報がたくさんあります。takeさんの頃は大変だったでしょう。準備書面等参考にさせて頂きます。ところで契約書の裏面に失業救済保険制度の記述は有りますでしょうか?契約書紛失してしまいその件について確認出来ないのです。私は他に第一取引(A店:H6~H12、最終枠百万、25.5%)、第二取引(B店:H14、百万、25.5%解約)の分断もあります。ただ第一取引に関しては契約書返還が履歴請求して一週間後のH21.4であり解約はしてなかったようです。また「旧契約書をお返しします。」と添状がありました。それでお客様センターに確認したところ責任者が出てきて別契約だと言ってたので第一取引の契約解除をしてないのに第二取引もしてたのなら併せて二百万も貸せるのか?と尋ねたら・・・口座の移動で一連ですと返事が有りました。確かに移動だと第一取引は旧契約書になりますね。ところが先日過払い請求書に対する連絡があり「もし裁判すると分断と失業救済が争点になる」と言われ、「そちらの責任者が移動と言ってた」と言っても聞き入れてくれませんでした。こちらはもちろん借入枠と利率が同じなので移動を主張しようと思いますし、責任者の名前も準備書面に記載するつもりですが個人名はやり過ぎでしょうか?長くなりました失礼します。
2009/05/14(木) 22:20:16 | URL | tai #-[ 編集]
こんにちは。ご質問に回答させていただきます。
これらの事は素人の私見によるところが大きいと思います。不確かな所もあるかもしれませんので参考までにお聞きください。

>現在TSR CO.LTDは無いようですね。返還請求はどうなるんでしょう?
・もし無くなっているのであれば武富士側がTSR.CO.LTDに対しての請求権が無くなるだけだと思います。それに、武富士が100%出資した再保険会社であるので原告には何の関係もありません。弁済を受けた期間は原告の第三者としてです。武富士側は第三者が弁済したものは原告が弁済したものと同じ扱いで処理しているはずです。

>契約書の裏面に失業救済保険制度の記述は有りますでしょうか?
・残念ながら私も紛失してしまいましたので何ともいえませんが、記憶を辿れば失業保険救済制度は後からの個別契約(申請?)でしたので、しかも複写は無い、タダの用紙であったと思います。仮に契約書に記述はあったとしても無いようなものであると考えて差し支えないと思います。


>「もし裁判すると分断と失業救済が争点になる」と言われ、
・過払いの争点なんてほとんど分断は入ってます。いわゆる脅しとみていいと思います。分断は最高裁の判例にもありますのできちんと主張されれば問題ありません。
失業保険はおそらく判例が出ていないんじゃないかと思います。それでもこちらにはこちらの理屈というか主張がありますし、信念は曲げちゃいけません。

>個人名はやり過ぎでしょうか?
特に問題は無いように思います。主張は主張。
担当者の責任は会社本体の責任に帰すべきです。
ここまで社会問題に発展しているのになんの対応もしていないように取れる社員教育が根本ですので。

以上でいかがでしょうか?

2009/05/15(金) 14:08:18 | URL | take #-[ 編集]
takeさんこんばんわ。
回答ありがとうございます。

訴訟を起こした場合、判事が判断を下す訳で
如何にして判事にこちらの主張を受け入れてもらえるか・・・

takeさんの回答を自分の主張に肉付けし、
信念を曲げず闘っていきたいと思います。

背中を押して下さりありがとうございました。

このやり取りが他の過払い請求者の参考になれば幸いです。

では失礼します。
2009/05/15(金) 19:52:25 | URL | tai #-[ 編集]
何分素人意見以上の事を言えないのが残念に思います。

何より準備、理論武装は欠かせないところになると思いますので、大変でしょうが心行くまで頑張ってみてください。
影ながら応援しております。
2009/05/17(日) 14:24:54 | URL | take #-[ 編集]
takeさんこんばんわ。

請求金額の95%で和解し昨日入金ありました。

電話交渉7回ぐらい・・・。

最初は電話ですぐ熱くなり荒い口調で担当者と話していましたが、4回目ぐらいから(お互い)口調が丁寧になりました。
5月末7回目の電話で担当者から「請求金額のいくらで和解できますか?」と言ってきたので「95%で」と答えたら、「その端数切でお願いできますか?」「分かりました。」

2つの口座・分断・失業救済制度・・・自分でネット等で情報を得ても実際裁判になったら上手くいくか不安でした。

和解できたのもtakeさんから回答して頂いた情報を元に交渉した結果です。

ありがとうございました。
2009/06/27(土) 17:41:39 | URL | tai #-[ 編集]
こんばんはtaiさん。
ほんっとに良かったですね!!

私なんて何にも出来ませんから。。。
すべてtaiさんのお力ですよ☆

でも、相手の意見なんて基本突っぱねてよかったでしょう? やっぱり交渉事というのは自分の主張を全部すべきですね。そして妥協してみせる☆

taiさんも中々やりますね☆

これからもお互い勉強していきましょうね。


2009/06/28(日) 23:07:25 | URL | take #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://takehouse1982.blog109.fc2.com/tb.php/19-ec10a1bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。