自己破産 お金を稼ぐ人
アクセスランキング

お金を稼ぐ人

借金総額230万円(年利29.2%)6年間の借金生活→過払い請求→お金を稼ぐ方法を紹介。 あくまで素人見解ですので、ご参考までに☆
トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ・債務整理の種類 → 自己破産

自己破産

自己破産完全マニュアルより一部抜粋。


自己破産という債務整理の最終手段のメリット、デメリットを挙げてみます。


○デメリット○
差し押さえ禁止項目以外、全ての財産(預貯金、動産、不動産、保険返戻金、退職金等)、もちろん自宅も全て失う。

・信用情報機関への事故情報記載7年~10年(いわゆるブラック)。

・ブラック期間はクレジットカード等が作れない。(→一部例外あり

・ブラック期間は弁護士・公認会計士・司法書士・税理士・行政書士・宅地建物取引主任者・株式(有限)会社の取締役・警備員・生命保険の外交員などの職業の資格制限がつく為これらの職に就けない。
※免責を受けた後は「復権」といい、上記の資格制限はなくなります。

・免責不許可事由に該当していたら免責が下りない。もしくは、債務の一部免責という風に変わる。


○メリット○
・ちゃんと勉強すれば、自分で出来ないことも無い。

・免責が下りればすべて解決。

・格安の費用で全ての債権が無くなる。(自分でした場合、3万~50万円)

・生きていくうえで困ることは特に無い。

・生活する上で最低限の物(総資産が99万円以下まで)は残る。






上記が大まかな特徴になっています。

ただ、ややこしいのが手続きの仕方です。
手続きの流れとしまして、
裁判所へ申し立て
   ↓
自己破産の用件を満たしているか審査
   ↓
通れば決定
   ↓
その後免責許可の申し立て
   ↓
通れば全部チャラ
   ↓
復権する。

という感じです。



自己破産の用件を満たしているかどうかというのが大まかな金額で言うと
200万円以上が基準になっていると思います。

これを超えていないと例外を除き、まず無理だと思われます。

自己破産が決定されたからと言って帳消しになるわけではなく、その後の免責を受けて初めて借金が無くなることになりますから注意が必要です。

免責には不許可事由というのがありまして、ギャンブル、浪費等で出来た借金については許可が下りませんし、前回自己破産をしてから7年以上経過していないといけません。



わかりにくい文章になってしまったかも知れませんが、自己破産を考える人
にとってそう高くはないハードルではないでしょうか?

俗に言われているような噂、例えば戸籍に載るとか、会社にばれるとか、身ぐるみはがされるとか、会社をクビになるということは一切ありません。

こんな噂に惑わされず真実をしっかりみてから判断されることを希望します。

あ、それと、
自己破産はあくまでも債務整理の最終手段ですのでまずは他の債務整理を検討してみてくださいね。自宅を手放さずに債務整理したいのならば、個人版民事再生を検討してみましょう。


↑ランキングに参加しました。応援よろしくお願いします。



スポンサーサイト
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://takehouse1982.blog109.fc2.com/tb.php/44-86d2e50c
Q.破産手続開始の申立てまでの手続はどのように進むのか? A.債権調査,資産調査,免責不許可事由の調査を行い,それらの調査結果に基...
2008/09/29(月) 02:40:19 | 法律と法曹の取扱説明書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。